2019年防災訓練


9月8日(日)に防災訓練が実施されました。

今年は起震車による地震体験やビデオ鑑賞など、例年とは異なるイベントがあり

200名を越える居住者が参加され、有意義な時間を過ごされました。

午前8時に事前準備の為、自治会、理事会、ボランティアグループが集合。

開場となる「西境谷北児童公園」にテントなどの設営を開始

午前9時半にサイレンが鳴り、各棟から居住者が避難を開始し、徒歩で「西境谷北児童公園」に移動。

公園内ではA~Dブロックの4つのグループに分かれて、それぞれイベントを体験。今回、初めての起震車による地震を体験。過去の地震パターン最大震度7まで体験できます。

ビデオ映写では、地震発生時の避難の方法と、  別ブースでは避難用のインスタント五目飯

地震に備えた対策が実例で示されました。    が配布され、試食することができました。

西京消防署の方がAEDのしくみ、使い方を人形を使って、やさしく解説されました。

消化器の使い方の説明の後、実機を使っての体験も行われました。

子供達が遊べる引き車も用意頂きました。 

公園内各所にイベントブースが点在してます。 防災グッズの展示販売もされていました。

好天の元、車椅子の方も参加頂きました。暑い中ご苦労様でした。

最後に、消防署の署長様から講評があり、   訓練は正午頃に終了。開始時と同様テント

自助、共助、公助の重要性を説明頂きました。 等の撤収を実施。約30分で作業は終了。

今回は炎天下での開催となりましたが、イベントが盛りだくさんで、楽しむことができたと

思います。参加頂いた居住者の方々、設営、撤収に汗を流されたスタッフの方々、

ご苦労様でした。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square