団地の大きい木


当団地に「巨木」と言えるような木があるのでしょうか。

ということで「巨木」の定義を調べると、【地表から130cm上の幹周りが300cm以上】

だそうです。

ただ、樹種によって成長の度合いが異なるので一概には言えないようです。

当団地が出来たのが1981年なので、その頃に植樹すれば樹齢は38年になります。

この年数では巨木となるのはちょっと無理かと思います。

団地の中に川があって、その川沿いにタイワンフウが並木になっています。

このタイワンフウが樹高も幹周も立派です。

また、南側は桜並木です。この並木も立派です。

当団地の樹木は台帳で管理されており、それを確認すれば個々の木の情報が分ります。

今回は台帳ではなく、団地内を廻って大きな木を探してみました。

それで候補となったのが16棟と17棟の間にあるくすのき(多分)です。

上記の定義に準じて測ってみると、幹周りは凡そ175cmでした。

という訳で巨木には該当しないようです。

他にこれという木があればご教示いただければと思います。

#植栽 #風景 #桜 #団地の四季

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square